新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

経営者が知るべき「沖縄県」の有効求人倍率の急激な変化について

そもそも有効求人倍率とは?

有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に申し込まれた求人数求職者割った値を表したものです。

有効求人倍率の計算方法は、以下の通りです。

企業側が出している有効求人数(募集の人数)÷ 転職活動をしている有効求職者数(応募者の人数)=有効求人倍率となります。

例えばですが、

企業側が150求人出しており、それに対して求職者の人数が100人の場合は、有効求人倍率が1.5倍という事になります。

この有効求人倍率は、厚生労働省により毎月算出されています。

基準となる倍率は1.0倍で、数値が1.0倍より高い場合転職者有利になり、逆に低ければ企業側が「買い手市場」となり企業側にとっては有利な状況になると言えるでしょう。

2008年9月にリーマンショックの影響を受け、有効求人倍率は多大な影響を受けました。厚生労働省の当時のデータによると有効求人倍率の変化として、2008年の8月時点では0.86倍だった数値が、そこから1年後の2009年8月時点で0.42倍という数値が出ています。これは採用活動をする企業が半分以下に減った事を意味します。

この様に、有効求人倍率は景気の良し悪しに大きく左右されます。景気が良ければ有効求人倍率の数値は高くなり、景気が悪ければ低くなります。

そして現在、コロナショックにより有効求人倍率は大きく変化しています。

コロナ禍による沖縄県の有効求人倍率の変化

2020年2月の沖縄県の数値は1.24倍でしたが、2020年12月の数値は0.79倍にまで下がっています。

数値だけで見ると、沖縄県の企業の求人数が約36%減ったという事を意味する数値です。

画像1

リーマンショックの時期による有効求人倍率の変化は2008年9月から有効求人倍率が下がり始め、そこから数値が回復し始めたのは2012年頃でした。

リーマンショックを振り返り参考に考えるとコロナショックの影響で今後更に、有効求人倍率は下がると予測されています。

沖縄県の職業別有効求人倍率の変化(前年度と比較)

コロナショック前後職業別有効求人倍率前年度比較した場合、全ての職業の有効求人倍率は下がっています。その中でも管理的職業については、2019年12月2.96倍だったのにも関わらず、2020年12月には0.73倍と激減しております。その他サービス業2.40倍から1.43倍販売の職業1.65倍から0.86倍と大幅に数値が変化しています。

画像3

実はライバルを出し抜く絶好のチャンス?「今」採用活動をした方が良い理由


たしかにコロナショックの影響で行く先不安な事ばかりではありますが、裏を返せば現在「採用活動」を積極的に行っている事業者様にとっては「売り手市場」から「買い手市場」へと変化を遂げているという状況です。

今後の事業計画に向けて良い人材を確保したい事業者様は、今の状況は絶好のチャンスとも言えるでしょう。採用活動を始めるか迷われている事業者様は是非、この機会に採用活動に踏み切ってみてはいかがでしょうか。「売り手市場」で勝負するより「買い手市場」で勝負する方が断然採用コストは安く済みます

中小企業にとってとも言える「人材」を確保する為に、有効求人倍率は必ず押さえておきたい数値となります。地域別、職種別にデータをご確認いただき採用活動へお役立て下さい。

※参考データ 厚生労働省沖縄労働局 令和2年12月分「労働市場の動き」

https://jsite.mhlw.go.jp/okinawa-roudoukyoku/content/contents/000804245.pdf


最後までお読みいただきありがとうございました。


採用についてお悩みの方は是非ご覧下さい★KACHIEL(弊社)が採用コストを350万円→1.9万円に下げる事に成功した採用支援サービス「チョイス!」の無料相談へお気軽にお申込み下さい♪

無料相談のお申込みはコチラ⇩

画像2

★プロビジットを運営する会社
株式会社KACHIEL(かちえる)
採用支援担当 村上


4