経営者必見!元国税調査官が教える税務調査のほんとうの知識

89
個人事業主が税務調査で否認されたらダメなこと

個人事業主が税務調査で否認されたらダメなこと

税務調査というと、非常に漠然と、帳簿や通帳などを見られて、おかしな取引について指摘される・・・ くらいの認識しかない方が多いとは思いますが、今回は個人事業主の税務調査において、否認されてはいけないことを解説します。 ■まずは売上額を確認されます 個人事業主に対する税務調査の場合、事業規模がそこまで大きくないことから、ほぼ決まった順序で税務調査が実施されることになります。 売上金額の確認 ⇒ 経費の内容を確認 まず、1年間の売上額を確認されることになるのですが、ここで「

2
個人事業主が税理士を選ぶ基準とは?

個人事業主が税理士を選ぶ基準とは?

確定申告の時期になると、たまった領収書などを慌てて集計する個人事業主の方が多いと思いますが、そういう時には「やっぱり税理士に頼むべきかな」と思い悩んだりすることでしょう。 今回は、個人事業主の方が税理士を選ぶ際の基準について解説しましょう。 ■個人事業主対応ができない税理士はいない 会社(法人)の場合、税理士を選ぶのにかなり考えなくてはならない要素が多くなります。 例えば、もっとも一般的な株式会社などではなく、会社の形態が公益法人・医療法人などになると、特殊な専門知識が

3
現金商売の個人事業主は税務調査で狙われる!

現金商売の個人事業主は税務調査で狙われる!

小規模な個人事業主であれば、税務調査に入られにくいと考えている方も多くいるようですが、税務署はそんなに甘くありません。 個人事業主が税務調査に入られる、主だった理由・原因については、下記のコラムをご覧ください。 「どういう個人事業主に税務調査が入るのか?」 さて、今回は個人事業主であっても税務調査に入られやすい業種について解説しますが、それはズバリ「現金商売」です。 ■税務調査で現金商売の個人事業主が狙われる理由 「現金商売」とは、売上のほとんどが現金による決済の業種

3
個人事業主と法人における経費の違いとは?

個人事業主と法人における経費の違いとは?

事業を個人事業主として行っている場合で、「法人にした方が節税になるの?」という質問・相談が多くあります。 また、不動産投資・運用を行っている場合も同じで、当初は個人名義で不動産を購入していたが、法人を設立して不動産投資・運用をした方がいいのか、という疑問を多くの人がお持ちでしょう。 今回は税務上、個人と法人の「経費の(範囲の)違い」について解説します。 ■原則的な経費の考え方と違い 税務上、確かに個人(事業主)と法人の場合では、下記のとおり、経費がどこまで認められるか、

1
個人事業主に対する税務調査の最新傾向がこれでわかる!

個人事業主に対する税務調査の最新傾向がこれでわかる!

一般的にはあまり知られていないようですが、毎年国税庁から、税務調査に関する事績(金額などの数値、方向性など)が発表されています。 今回は、直近で公表された内容から、個人事業主に対する税務調査の傾向などを解説しましょう。 なお、法人に対する税務調査の傾向についてはこちらをご覧ください。 「法人に対する税務調査の最新傾向がこれでわかる!」 ■税務調査の件数は・・・ 平成30年11月に国税庁から公表された資料がこちらになります。 「平成29事務年度における所得税及び消費税

2
法人に対する税務調査の最新傾向がこれでわかる!

法人に対する税務調査の最新傾向がこれでわかる!

一般的にはあまり知られていないようですが、毎年国税庁から、税務調査に関する事績(金額などの数値、方向性など)が発表されています。  今回は、直近で公表された内容から、法人に対する税務調査の傾向などを解説しましょう。 ■税務調査の件数は・・・  平成30年12月に国税庁から公表された資料がこれになります。 「平成29事務年度 法人税等の調査事績の概要」  なお、「平成29事務年度」とは、「平成29年7月~平成30年6月」の期間を指しています。  まず、法人に対する税務

2
リベートの相手方を明かさないと重加算税になるのか?

リベートの相手方を明かさないと重加算税になるのか?

税務調査において支払った経費を確認される場合に、帳簿や請求書・領収書などで、支払った相手方を明示するのが原則です。 一方で、 「謝礼などのリベートは税務調査でどう問題になるのか?」 のように、 リベート・キックバックなど支払った相手方を明かせない場合に、税務調査で問題になりがちなのは「重加算税」と指摘されることです。 今回はこの点について解説しましょう。 ■重加算税はどういう場合に課されるのか? まず、重加算税ですが、その要件については下記のコラムをご覧ください。

4
税務調査で領収書がない場合の対応

税務調査で領収書がない場合の対応

「謝礼などのリベートは税務調査でどう問題になるのか?」 などのように、 金銭を支払ったにもかかわらず、相手方から領収書をもらえないケースは実際に存在します。 このような場合に、税務調査ではどのように対応すべきなのでしょうか。 ■問題は消費税・・・ 銀行振込や、現金手渡しであっても支払ったことが明確である場合、税務調査においては経費として認められることになります。 なぜなら、所得税や法人税における経費については、領収書がある・無いで判断が変わらず、 領収書がなくても

3
税務調査で「お土産」は本当に有効か?

税務調査で「お土産」は本当に有効か?

税務調査について、「お土産」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 昔からまことしやかに語られる「お土産」とは、調査官にわざと誤り・間違いを見つけさせ、それによって税務調査を早く終わらせよう、という行為を指します。 調査官が税務署に持って帰るもの(否認項目)がある、ということで「お土産」と呼ばれているのですが、さて、本当に税務調査でお土産は有効なのでしょうか。 ■都市伝説です 社長たちの飲み会などで税務調査が話題になると、「お土産」の有効性について話

4
個人事業主より法人の方が節税できる3つの方法

個人事業主より法人の方が節税できる3つの方法

これから独立して開業しようとする方や、個人事業主として起業したが、法人にした方がいいのか迷っている方は多数いらっしゃることでしょう。 法人にすべきか、その大きな判断要素として税金が挙げられると思いますので、今回は個人事業主よりも法人の方が節税になる理由を3つ解説しましょう。 ■納税額はシミュレーションしてみないとわからない 個人事業主と法人における税金上の一番の違いは、個人事業主には所得税が、法人には法人税が課されることです。 そもそも税金の種類が違いますから、その税率

4