経営者必見!元国税調査官が教える税務調査のほんとうの知識

89
税務調査で怖い「推計課税」とは?

税務調査で怖い「推計課税」とは?

税務調査が行われると、通常は帳簿や通帳、請求書・領収書などを確認することによって、「実額課税」されることになります。 これは、実際のお金の動きから、まさしく実額によって課税するというものです。 一方で、税務調査において帳簿書類等が存在しない場合、「推計課税」が適用されるケースもあります。 これは、実額を確認できない場合に、税務署が推計によって税金を課す、というものです。 推計課税の場合、納税者の方が想定している以上の税金になることが多くあります。 どのような場合に「

3