経営者必見!元国税調査官が教える税務調査のほんとうの知識

89
固定資産税が誤って過大に課されている場合は取り戻せます

固定資産税が誤って過大に課されている場合は取り戻せます

日本における税金の多くは「申告納税制度」が採用されています。 例えば、法人税や所得税・消費税などは、自分で税金の額を計算して、自分で申告・納付することになります。 自ら申告・納税するからこそ、その金額に誤りがあるかどうかを確認するために、税務調査があるということです。 その一方で、固定資産税は各地方公共団体が、土地や建物などに対する固定資産税額を計算して、賦課決定してくることになります。 つまり、固定資産税は各地方公共団体が、不動産の所有者に対して、「この金額の固定資

3