採用成功術!無名企業が低コストで人材採用を成功させる方法

7
経営者が知るべき「大阪」の有効求人倍率の急激な変化について

経営者が知るべき「大阪」の有効求人倍率の急激な変化について

そもそも有効求人倍率とは? 有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に申し込まれた求人数を求職者で割った値を表したものです。 有効求人倍率の計算方法は、以下の通りです。 企業側が出している有効求人数(募集の人数)÷ 転職活動をしている有効求職者数(応募者の人数)=有効求人倍率となります。 例えばですが、 企業側が150求人出しており、それに対して求職者の人数が100人の場合は、有効求人倍率が1.5倍という事になります。 この有効求人倍率は、厚生労働省により

5
経営者が知るべき「埼玉」の有効求人倍率の急激な変化について

経営者が知るべき「埼玉」の有効求人倍率の急激な変化について

そもそも有効求人倍率とは? 有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に申し込まれた求人数を求職者で割った値を表したものです。 有効求人倍率の計算方法は、以下の通りです。 企業側が出している有効求人数(募集の人数)÷ 転職活動をしている有効求職者数(応募者の人数)=有効求人倍率となります。 例えばですが、 企業側が150求人出しており、それに対して求職者の人数が100人の場合は、有効求人倍率が1.5倍という事になります。 この有効求人倍率は、厚生労働省により

5
経営者が知るべき「東京」の有効求人倍率の急激な変化について

経営者が知るべき「東京」の有効求人倍率の急激な変化について

そもそも有効求人倍率とは? 有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に申し込まれた求人数を求職者で割った値を表したものです。 有効求人倍率の計算方法は、以下の通りです。 企業側が出している有効求人数(募集の人数)÷ 転職活動をしている有効求職者数(応募者の人数)=有効求人倍率となります。 例えばですが、 企業側が150求人出しており、それに対して求職者の人数が100人の場合は、有効求人倍率が1.5倍という事になります。 この有効求人倍率は、厚生労働省により

4
経営者が知るべき採用における男女差別問題

経営者が知るべき採用における男女差別問題

採用活動で起こり得る男女差別とは? 募集・採用活動を始めようとする企業様とのお打ち合わせ時に応募者に求める条件(特に中途採用)で以下の様なものがあります。 「採用するなら○○のスキルを持っている人が欲しい」 「○○の資格を持っていて○年以上の経験値がある人を採用したい」 上記の様なご希望は、 企業様の立場からすると組織作りをする上で当然のご要望だと思います。 しかし、このご要望の中に以下の様なご要望が混ざってくる事が散見されます。 「出来れば年齢が若めの男性を採用

4