中小企業経営者が知るべき”勝てる“経営・マーケティング知識

29
【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】第6回 自律型組織における階層と役割

【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】第6回 自律型組織における階層と役割

この記事では、中小企業(特に成長を目指すベンチャー企業)として、マネジメント・組織作りをどのように行っていくべきなのか、実体験と実践内容をもとに考えていきたいと思います。 さて、前回(第5回 情報共有はなぜ大事か?「何を」「どこまで」情報共有すべきか?)の最後にも書いたとおり、今回は社内の【階層】と【役割】について解説します。 ティール組織の特徴として「階層がない」と説明されることが多いのですが、実際のところ、ティール組織を筆頭とした、いわゆる自律型組織として取り上げられ

8
【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】第5回 情報共有はなぜ大事か?「何を」「どこまで」情報共有すべきか?

【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】第5回 情報共有はなぜ大事か?「何を」「どこまで」情報共有すべきか?

この記事では、中小企業(特に成長を目指すベンチャー企業)として、マネジメント・組織作りをどのように行っていくべきなのか、実体験と実践内容をもとに考えていきたいと思います。 さて、前回(第4回 価値観・考え方をどう共有するのか?)の最後にも書いたとおり、今回は社内の情報を社員に、何を・どこまで公開・共有するのか、について取り上げます。 弊社では、原則として「共有されていない情報がない」という状況を作っていますが、これはそもそも、顧客・取引先対応のなかで担当者しか知らない・わ

7
【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】
第2回 ティール組織であればうまくいくのか?

【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】 第2回 ティール組織であればうまくいくのか?

この記事では、中小企業(特に成長を目指すベンチャー企業)として、マネジメント・組織作りをどのように行っていくべきなのか、私の実体験と実践内容をもとに考えていきたいと思います。 さて、前回(第1回 マネジメントをどう考えるのか?)でアナウンスしたとおり、今回は昨今流行りの「ティール組織」という側面から会社・組織・チーム作りを考えます。 なお、本稿では書籍にあるようなティール組織を語るつもりも解説する気もありません。 私はビジネス書が大好きですが、「ティール組織」(フレデリッ

5
【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】
第1回 マネジメントをどう考えるのか?

【自主性・主体性ある会社・組織・チームの作り方】 第1回 マネジメントをどう考えるのか?

この記事では、中小企業(特に成長を目指すベンチャー企業)として、マネジメント・組織作りをどのように行っていくべきなのかを、私の実体験と実践内容をもとに考えていきたいと思います。 売上的な成長、それにともなう従業員数の増加、そして従業員数が増えることで経営者はマネジメントコストが大きくなり、本来的には商品・サービス設計⇒販売に注力したいにもかかわらず、社内の内向きな問題に時間と労力を割かれるのが現実です。 経営者の本音としては、業務・タスクを割り振るために雇ったはずの従業員

6