中小企業経営者が知るべき”勝てる“経営・マーケティング知識

29
リスクリバーサル導入で損をしないか?|PROVISIT

リスクリバーサル導入で損をしないか?|PROVISIT

KACHIELの久保憂希也です。 先日の記事では、「リスクリバーサル」を導入することによって、申込・購入率が飛躍的に向上することを解説しましたが、導入に踏み切るには勇気が必要という声を多く聞きます。 これは、リスクリバーサルという名の通り、顧客側が負担するリスクを販売者側が負担するわけですから、返品・返金などが怖いというのは当然かもしれません。 ●無形商材の場合 まず、弊社のように形・モノがないサービスを提供している場合、リスクリバーサルの導入は簡単です。 もともと

4
差別化ってどう考えて実践すべき?

差別化ってどう考えて実践すべき?

KACHIELの久保憂希也です。 前回の記事では、「競合他社と同じことをすれば利益はでないから、差別化こそが利益・収益力の源泉」であることを解説しました。 「差別化」と言葉にするのは簡単ですし、誰しもが競合他社に真似されないビジネスモデルを構築したいわけですが、さて何を・どうするか?を考えるとかなり難しくなります。 弊社の顧客である税理士・会計事務所業界では、昔から差別化の基本形として「業種特化」と「業務特化」が言われ続けています。 ●差別化の方法①「業種特化」とは?

5
顧客をリスト化する~経営危機がきても売上を安定させる方法~

顧客をリスト化する~経営危機がきても売上を安定させる方法~

KACHIELの久保憂希也です。 コロナ禍のなかで、売上が急激に下がったという、苦しい状況の経営者の方も多いかと思います。 ただ、苦境だからこそビジネスを根本的に見直すという機会でもあります。 景気・業況が良いと、自然と「売上はあるもの」だと思って経営をするので、一気に悪くなったときに全く対応ができないのも事実です。 今回は「顧客をリスト化する」重要性について考えてみたいと思います。 東京で緊急事態宣言が出された翌日、私の携帯電話にショートメールが入りました。 以前

5